わんこのこと

最近のわんこの様子なんですが・・・

わんこ・・・12月中旬 発作を起こしました

意識を失い失禁して激しく痙攣し、口からは白濁した泡を吹き

目はかっと見開き白眼は充血して真っ赤でした

口を大きく開けてぐえっていうような声を出して

身体を硬直させ小刻みに震えてそのうち自転車をこぐような動きをしました

長く感じましたがおそらく30秒程だったと思います

こんな恐ろしい光景は見たことありませんでした

名前を呼んで身体をさすりながら もう駄目かも知れないと思いました

それからむくっと起き上がり 歩き出しました・・・

居間とキッチンをくるくると・・・

呼びかけにも反応せずまるで夢遊病者のようにふらふらしながら歩き続けました

40分程歩いて疲れてへたり込んでしまい

うとうととした後やっと正気に戻りました

病院で血液検査をしました

その結果、内臓から来る発作ではないので

おそらく脳に何らかの障害が起きてるかもしれませんとのこと・・・

まだ1度の発作なので様子を見ましょうと言われました

それからしばらく わんこもいつも通りに

何事もなかったかのように過ごしてましたが

この間また前と同じような発作を起こしました

元旦の夜11時半頃と次の日のお昼頃と4時間後の夕方と・・・

立て続けに3度も あの恐ろしい発作を起こしました

私はもう 今度こそ駄目だと思いました もうこれでお別れなんだと・・・

こんな苦しみながらこの子は行ってしまうのかとやるせない思いでした

それでもまた むくっと起き上がり歩き出しました

だけど、しばらく歩くと腰から崩れ落ちるように転んでしまいます

3度の発作で足腰に相当な負担が掛ったんだと思います

病院に連れていくと・・・

脳に腫瘍が出来ている確率が高いとのこと

詳しい検査をするのであれば札幌の大学病院で

MRIを全身麻酔で受けるしかありません

MRIで脳腫瘍が見つかったとしても

手術できるかどうかは分かりませんし

たとえ手術できたとしても寿命が延びる訳でもないと・・・

飼い主さんとして どうしてあげたいかどこまで治療したいか?と

獣医さんに聞かれました

わんこに余計な負担はかけたくない・・・

なので大学病院も全身麻酔も無しです

とにかくあの恐ろしい発作だけはなんとかしてほしいと頼みました

それで 痙攣を抑える薬を処方して貰いました

副作用が少ないゾニサミドという薬です

毎日服用させて これで1週間様子を見て

土曜日にまた動物病院へ行ってきます

今は少しは落ち着いてますが もうよぼよぼのおばあさんわんこです

それでもまだ食欲もあるし 足腰が弱ってもソファーには自力で上がります

わんこがソファーに上がれることが今はすごくうれしいです

これから先どれくらい一緒に暮らせるかはわかりませんが

なるべくわんこにストレスかけずに楽しく暮らしていきたいです

関連コンテンツ
わんこ
スポンサーリンク
フォローする
Quilt diary